スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

山ホトトギスから思うこと

「目に青葉、山ホトトギス、初鰹」 〜 江戸時代の俳人・山口素堂 (*1) の初夏の季節感をよく表した句ですが、 森林率が全国1位、カツオの消費量も全国1位の高知県。 初夏にはホトトギスも沢山鳴いています。 よくよく考えたら高知にぴったりの句で素敵だな〜と勝手に思っています。 *1:山口素堂(1642年~1716年)は、江戸時代中期〜後期の俳人。松尾芭蕉とは同門で、親交があり、蕉風の確立に寄与したといわれています。 またこの時期、ホトトギスとウグイスの声をよく耳にします。ウグイスは「 ホーホケキョ 」、ホトトギスは「 トッキョキョカキョク(特許許可局) 」と鳴くのはお馴染ですね。(ちなみにウグイスの「ホーホケキョ」は繁殖期のオスの鳴き声で、それ以外の時期は「ホーホケキョ」とは鳴きません。)そのウグイスの近くでホトトギスの鳴き声がすると、ウグイスが「 ケキョケキョケキョ… 」と警戒している時に出す激しい鳴き方をします。 ウグイスは2月〜3月頃から鳴き始め、ホトトギスは少し後の4月〜5月頃から鳴き始めます。なので初夏はこの2種の声を頻繁に耳にします。それもちょっと不穏な感じの2種の鳴き声を… あっ!とその時。そういえばホトトギスって托卵 (*2) をする鳥だったよね。と思い出しました。 *2:托卵とは、自分で卵を温めずに、他の種の巣に自分の卵を産み付けて育ててもらう習性をいう。日本で見かけるこの習性をもつ鳥は、カッコー、ホトトギス、ツツドリ、ジュウイチなど4種。 ホトトギスのヒナを育てるウグイス 托卵をする鳥に悪いイメージを持つ方も多いかもしれませんが、ホトトギスにも事情がありそうなので少し調べてみました。托卵の習性のある鳥は 体温調節機能が未発達 で自分で卵を育てられないないそうなんですね。だから他のお母さんにお願いするという…そういうことか。 ん?なんかおかしい。ということは自然界のホトトギスは全て(ほとんど?)ウグイスのお母さんによって育てられたということ?だから ホトトギスはウグイスのことをお母さんだと思っている? そうだとしたら、例えるなら実家のお母さんに「子供ができたよ」と子育てをお願いしに娘がやってきて「あなた誰!」とウグイス母さんが拒否している感じ… 少し複雑な気持ちになりますね。 季節を告げる鳥のさえずりからイメージされる様々な創作やストーリー。昔の人

最新の投稿

事業所周辺の植物観察

城西公園の2つのシンボルツリー